ようこそ♪ 忍者ブログ
北摂の天気
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
台湾の北部に新竹という場所があります。
中心は新竹市で、冬は風が強いことで有名で、風城という別名があります。
ビーフン(米粉)という食べ物がありますが、これは素麺みたいに乾燥させて製品にしますので、風の強い場所は都合がよく、そのようなことから新竹はビーフンの産地として有名です。

拍手


多忙な一週間を越えた休日、朝食をパスして昼食に台湾らしい食べ物を食べに行こうと試みました。

19a10327.jpeg行き先は「城隍廟」というお寺なのですが、中は食堂街になっており、日本ではお目にかかれないのではないかという構造の新竹の名所です。

こちらには米粉(ミーフェン)、蚵仔煎(オアチェン)、肉圓(バーワン)などのご当地名物料理の店が沢山軒を連ねています。
しかしこの日は、宿泊しているホテルのフロントにいる小姐に「お勧めは何?」と聞いたところ「潤餅(ルンピン)」と言っていましたので、食べたこともないし、一度チャレンジしてみようと心に決めて、こちらまで足を運びました。

この日は朝からどんよりとした天気で、ホテルから城隍廟まで歩いている間にポツポツと、小雨ながら降ってきました。
しかも城隍廟に到着してルンピン屋さんを探したら、予想外に行列ができていました…。

行列に並ぶ習慣がないので、とりあえずは城隍廟内部へ侵入しました。

朝から何も食していない空腹を満たすため、先ずは「王記」という店へ。771e21c0.jpeg
ここで、貢丸湯という豚の肉団子が入ったスープと蚵仔煎という牡蠣の玉子焼きを注文しました。
蚵仔煎は、鉄板上で焼いた牡蠣に水溶きサツマイモの粉をかけて、上から卵を割った後、独特なソースをかけて完成です。
台南の安平というところでも食べたことがありますが、これが大阪人にはお好み焼き的(というより、ほぼ洋食焼き的?)で、懐かしい感じで美味いです…。5769c2bd.jpeg
また、サツマイモの粉が、加熱すると片栗粉みたいな弾力(QQ的感覚)が出るのですが、この食感が面白いです。

貢丸湯は台湾ではかなりメジャーな料理で、あっさりスープに弾力のある豚肉団子が絶妙にマッチして、こちらも美味しいです。
但し、このスープは何も言わなければ確実に香菜(パクチー)を入れられますので、その点だけは要注意です。

この後局地的大雨にみまわれて、傘を持たないわたしに、屋外にあるルンピン屋台に並ぶ気持ちは芽生えず、濡れ鼠になりながら、とぼとぼ帰宅したのでした…。
PR
   人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Copyright © -JNPA- All Rights Reserved

忍者ブログ [PR]