ようこそ♪ 忍者ブログ
北摂の天気
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
[25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
日本最西端の島は沖縄県にある「与那国島」ですが、ここから100kmほど西へ行くと、台湾があります。
夏になると、激ウマのマンゴーとか果物が沢山出回るし、台湾の丁度真ん中辺りを北回帰線が通っている、まさにトロピカルアイランドです。

だから、夏になると海へ行きたくなります。
台湾最南端に墾丁というところがあり、ここでは結構大きなRaveがよく開催されて、夏を楽しむ台湾の若者が集まってきます。

拍手


あるとき台湾人の同僚から、友達と墾丁へ泊りがけで遊びに行くので一緒にいかないか、と誘われました。
墾丁へは行ったことがなかったので、是非ということになり、夏も終わりかけのある週末に墾丁へと出発しました。

わたしのいる新竹は、台湾では北部に位置し、台北から高速道路を使って1時間ぐらいの場所にあります。
台湾は九州をひとまわり小さくしたぐらいの大きさなのですが、感覚的には佐賀ぐらいです。
ところが墾丁ともなると、台湾の本当に最南端なので、薩摩半島の先っぽへ行くぐらいの感じです。

高速道路をひたすら南下して高雄まで行き、途中からはした道になるのですがそれでもず~っと南下します。
ちなみに、そのあたりの道が面白くて、片側2車線の計4車線道路なのですが道幅がかなり広く、しかも道がひたすらまっすぐ伸びています。
同僚に説明してもらったのですが、有事の際にはこの道は戦闘機の滑走路になるそうです。
さすがは台湾。

閑話休題、出発が遅かったこともあり、墾丁へ到着した頃には太陽も西に下りてきていたのですが、ここまで来て海を見ないわけにはいかない!ということで海岸へ向かいました。

その日は、沖縄南方に台風が来ていたこともあり、波は結構大きかったのですが、それでもビーチにはかるく200人はいました。
そして、誰一人として水着を着ていません。

全裸という意味ではありません。

皆さん普通の服を着衣して、写真をパチパチ撮って、ちょっと波に戯れてみて…。

一人として水着を着ていないのは衝撃です。
人の格好だけを見ていると、海の雰囲気まるでなしです。

確かに、波が大きすぎて泳げたもんではありませんでしたが、それでも海。
確かに、すでに9月でしたが、そこは熱帯、まだまだ暑い。
しかも、台湾を代表するマリンリゾート地なのに。

と、衝撃の大きさに、若干呆然としていました…。
そして、そうこうしている間に日は沈んでいきました。


翌日、天気はよかったのですが、沖縄に来ている台風の影響が心配になって、海の見えるところまで歩いていくと、海岸には2m超の波が押し寄せていました。

「こりゃサーフィン日和だな。やらないけど…」


せっかく来たのに…と思いながら、同僚に電話をしてそのことを告げると
「ふ~ん、そうなんだぁ。それより朝ごはん買ってきたから戻ってください」
と、まるで人ごとのようです。

「お前はなにしにきたんじゃぁっ!マクド(朝食)食いにきたんちゃうぞぉっ!!」
と、若干思いましたが、それはとりあえず心のなかに収めます。

食事しながらその日のスケジュールを相談し、近くを回ってみようということになったので車を走らせたところ、15分ほど行ったところに比較的波の穏やかなところがあり、そこでバナナボート系の遊びをしようということになりました。

お金を払って遊ばせてくれるところを見つけたあと、遊ぶ準備をします。

水着に着替えて外にでてみると、なんと同僚はじめ、男も女も全員がウェットスーツを着用していました。
夏の真っ盛りに、ウエット着てバナナボートって、なんだか…、ちょっと違う気が…。
と思い、理由を聞いてみたら
「日焼けするから」
ああ、なるほど…、とはならない。


台湾では、海で水着をきて…ということは、そんなに推奨されないらしい。
PR
   人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Copyright © -JNPA- All Rights Reserved

忍者ブログ [PR]