ようこそ♪ 忍者ブログ
北摂の天気
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
台湾に来たばかりの頃、一人でDisco pubと呼ばれる、いわゆるクラブへ行ったときのことです。

店内に入って、扉の前で立っていたら、一人の小姐(女の子)がきて「何名さまですか?」みたいなことを聞いてきました。
このとき、まだ台湾にきて早々だったので、何を言われているのかわかりませんでしたが…。
一人だと伝えると、バーカウンターへ案内されました。
そして、あなたの席はここです、というような感じで言われました。
決められた席がある…ということを想定していなかったので、もしかして、店を間違えたのかなぁ…と思ったのですが、とりあえずビールを2本頼んで飲んでいました。

フロアを傍観しているうちに煙草が吸いたくなったのですが、灰皿が近くに無かったので、カウンターの中の小姐に
「Do you have an ashtray?」とかなんとか聞いてみたところ
「あ゛~ん?」
と恐い声(顔は起こっていませんでしたが…)で聞き返されました。
あ、怒ってる…?
いやいや、ここでひいたら男が廃る!

再び、今度は手振り付きでやってみました。
 
煙草を持つ仕草をして

火を点ける仕草をして

煙草を消す仕草をして

で、最後に
「アッシュトレー!」
と叫んでみました。
ら、ライターが出てきました

煙草を吸う人間にとって、もっとも最初に覚えなければならない言葉は灰皿だなぁ…と実感した瞬間です。
因みにその後、ホテルに戻ったらすぐさま辞書で調べましたが。

拍手


台湾人の同僚から、たまに借我一支煙と言われることがあります。
借我 とは「貸して」の意味で、一支は細長いものを数えるときに使う数量詞なので、直訳すると「煙を一本貸してくれ」です。
簡単に言えば「煙草をくれ」と言っているわけですが、何故か「貸してくれ」です。

なんで「借我」なのか、その場合は「給我」なのではないのかと聞いてみたところ、「貸して」の方が有禮貌(失礼がない)でしょと言われました。
そんなもんかなぁ…。

ところで、わたしはメンソールを好んで吸うのですが、台湾では笑われます。
台湾では皆さん「男が涼煙(=メンソールの煙草)は不行(=駄目)よ」
EDになるから…だとか。
確かに日本でもまことしやかに言われますが。
しかし、台湾では本気で言われます。

誰か見たんかっ!

と思い調べてみました。

【menthol】

特徴>
香料として有用なすぐれた香味をもつ。

作用>

1. 眠気覚ましになる。

2. 気分転換になる。

3. 筋肉痛を和らげる。

4. 口臭、体臭を防ぐ。

5. 頭痛、肩こりをらくにする。

6. 傷みやかゆみを鎮める。

7. 冷え性には保温作用がある。

ほら、大丈夫じゃないですか。

しかし

「10年以上もの長い間メンソールタバコを吸っていると、メンソールが脊髄にある勃起中枢に影響を及ぼし、機能を低下させる可能性もある」
とも考えられているようではあります(科学的根拠はないようです)。

しかし、科学的根拠のある話しもありました。
「煙草を吸い続けると、機能不全になる可能性がある」


根本的に、そっち?
あかんやん…
PR
   人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Copyright © -JNPA- All Rights Reserved

忍者ブログ [PR]