ようこそ♪ 忍者ブログ
北摂の天気
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
[46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
日にち
2008/6/21
天気
晴れ
宿泊先 Amray Diagonal

Topics:
① バルセロナ(Barcelona)到着!
② 旧市街へ
③ アントニ・ガウディ(Antoni Gaudi)建築作品を徘徊
④ トイレへ行きたいの件

拍手


Report:

① バルセロナ(Barcelona)到着!

朝6時30分頃、寝台列車の中で起床。
電車の振動と、たまにかかるGが奇妙な感じでしたが、意外に心地のよい目覚めでした。
7時30分頃、朝食をとりに食堂車へ向かいました。
考えてみれば、今回の旅行で最もまともな朝食です。

8時30分頃、目的地であるEstacion de Franca(フランサ駅)に到着。

ついに来ました!目的の地のあるスペインへ。
それにしても、スペインなうの実感がありません(フランスのときもそうでしたが…)。
そして、欧州の広さを侮っていました。

② 旧市街へ
右も左もわからない初スペイン、まずメトロの駅までゴロゴロと荷物を押して、そこからメトロにてグロリエス(Grolies)駅へと向かうことにしました。

なんでもええけど、欧州はエレベーターやエスカレーターが少なすぎます。
そして荷物が重い!
とこころのなかで呟きながら地下鉄に乗車し、目的のグロリエス駅へ無事に到着。
地上に出てナビを見たら、グロリエス駅から600mぐらいのところに宿泊するホテル「Amray Diagonal」を発見。

グロリエス駅前にトラム(路面電車)があったのですが、どこから来てどこへ行くのかが不明だったので、重い荷物を持って、そんなプチギャンブルをしたくもなく、結局ここからもゴロゴロと荷物を押すことに…
ホテル周囲の環境は閑静な住宅地で、日本にいるときに地図を見て想像していた場所とは大違いでした…。
大通り沿いですが、そもそも通行料自体が少ないし。
もっと繁華街なのかと勝手に思い込んでいました。

とりあえずホテルについて、荷物だけでも置かせてもらおうと思ったのですが、朝にもかかわらずチェックインを済ますことができたので、部屋に荷物を置いて周囲を観光しました。
空腹を満たすべく、先ずはメトロに乗って街の中心部へ。
メトロでパセイジ・デ・グラシア(Passage de Gracia)駅まで行き、地上に上がると、ランブラス通りという観光客向けの様な通りに到着。
歩道 - 片側一車線の車道 - 広~い歩道 - 片側一車線の車道 - 歩道という、非常に歩きやすい通りで、中央部分には、売店やら花屋やらCaféのテラス席やらが並んでおり、そのいたるところにパフォーマーがいました。
  
観光はさておき、先ずは食事です。
スペイン最初の食事は、パエリャ(Paella)。
こんな、観光客相手のような感じのところにあるのに、意外にもおいしかったです(空腹だったということもありますが)。
しかもパエリャは、そもそもバレンシア地方の料理ですが、バルセロナはカタルーニャ地方なので、いわば、大阪で味噌煮込みうどんとかを食べてるようなもの…かもしれません。
まぁ、美味しければいいのですが。

このランブラス通りのあたりは旧市街と呼ばれ、其の中でも特にゴシック地区と呼ばれる所は見所が多いようなので、空腹を満たした後、そちらへ向かいました。
カテドラル(大聖堂)は、残念ながら工事中でしたが、歴史を感じさせる町並みと建築美を見て歩いているだけでも全く飽きることがありません。
  

③ アントニ・ガウディ(Antoni Gaudi)建築作品を徘徊
カテドラル前で休憩した後、グエル邸の前をマンゴーソルベを食べながら素通り。
グエル邸というのは、カタルーニャ地方の実業家で、ガウディのパトロンだったグエル伯爵が住んでいた邸宅なのですが、このグエル伯爵がいなければ、今のガウディ建築はなかっただろうと思いますので、バルセロナにとってもスペインにとっても、非常に重要な人物と言えるでしょう。

そんな邸宅を見ていると、「よっしゃ!ガウディ関係を徘徊や!」と思い立ち、近くのレイアール広場でガウディの作ったガス燈を見に行き、その後メトロに乗って、リセウ(Liceu)駅からパセイジ・デ・グラシア(Passage de Gracia)駅へ向かいました。
駅から出たら、目の前にはカサ・バトリョ(Casa Batllo)が。
時間も押し迫っているので、そのまま近所にあるカサ・ミラ(Casa Mila)へ。
 
思いつきで行動していたので、建物の外観を見るだけでふらふらしていたのですが、中を見ようかどうしようか迷いながらガイドブックをにらんでいたら、カサ・ミラ前のバス停からグエル公園(Parc Guell)へ行けることがわかったので、よしグエル公園へ行ってみようということになりました。

バス停で路線図と格闘していたら、バス停で待っていたおばあちゃんが話しかけてきました。
「どこへいくの?グエル公園?24番」
と教えてくれました。
 
ありがとう、おばあちゃん。そしてグエル伯爵。
公園は、芸術的な作りもさることながら、高台にあるので絶景でした。

④ トイレへ行きたいの件
グエル公園でトイレへ行きたかったのですが、残念ながら併設のカフェが閉まってしまったので、仕方なく街まで下りることにしました。

最寄り駅まで1km、遠いなぁ。
たまにある店を覗くのですが、何故かトイレがありそうな雰囲気がないので、仕方なしに歩き続けます。
結局メトロのLesseps駅までたどりついてしまったので、そこからリセウ(Liceu)駅まで向かいましたが、途中トイレなしです。

ランブラス通りの近くにある、行きたかったバルを覗いてみたのですが、こちらは人でごった返していたので入るのをあきらめ、取り急ぎ思考の大部分をトイレ探しに専念させました。

お、ダンキンドーナツ発見!
Espressoを注文して店内に入ったら、「店内にはトイレは併設していません」とのことで、コーヒーの利尿効果による影響の実験みたいになってしまいました。

店内で悩んだ挙句、そう言えば昼食前に、現在地から徒歩10分弱ぐらいのところに百貨店があったことを思い出し、そちらへ急ぎました。

このとき時計の針は21時45分を指していたのですが、たしか百貨店は22時閉店だったはず…。
急げ~!

ぎりぎり滑りこみセーフで間に合ったからよかったのですが、スペインで街中での突然の尿意をもよおした場合、どうするのだろうか…、と思いました。

この日は妻の誕生日でしたが、とんでもない一日になりましたなぁ。

本日の諸経費:
【地下鉄】
T-10 Pass(回数券)
€7,20*2

【昼食】
PITA HOUSE
Paella Mixta €28,50
Sapicon de Mariscos €5,50
Mejillones Marinera €5,50
Cerveza Jarra €4,90
Sangria Campeon €4,50
Café €1,50

Total:€53,93

【買い物】
水*2
ガム
€4,20

【ジェラート】
Mango
€1,70

【買い物】
水*1
€1,50

【Dunkin' Donuts】
Espresso*1 €1,50

【夕食】
QUQU
Briego Roble(VINO) €14,00
Ració pa tomáquet*2 €2,80
Assortit pitxos €8,60
Assortit truites €6,15
Gaspatox €3,00
Pat.primes+allioli €3,05
Ració pernil ibéric €14,95
Café €1,30
Café amb llet €1,50

Total:€59,22

Hotel近くのBarで
Caña cervesa
Corona

Total:€4,20
PR
   人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ

Copyright © -JNPA- All Rights Reserved

忍者ブログ [PR]