ようこそ♪ 忍者ブログ
北摂の天気
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [5]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
台湾の歩行者用信号には、発光ダイオードのものがあります。

日本では、ガラス?の表面に緑の背景と白い人型の切り抜きが描かれていて、後ろから灯りで照らす、いわばステンドグラスみたいな感じで絵を表していますが、台湾の信号の場合は、発光ダイオードの集合ですので、ファミコン時代のテレビゲームみたいに、粗いドット絵みたいな感じです。

と言うことで、台湾の信号では、それこそ昔のゲームのような感じのドット絵アニメーションもできるわけです。
というか、実際にアニメーションしています。

ところで歩行者信号で青から赤に変わる時、日本の信号で点滅しているときは、車用で言う黄色信号に該当すると思うのですが、とすれば意味合いとしては「注意しなさいよ」というような感じになる思います。

しかし台湾のこの信号、どちらかと言えば「注意しろ」ではないような感じです。

拍手


赤信号の時は、日本と同様に人が止まっている絵が出てきます。
そして青に変わると、その絵が歩き出します(発光ダイオードだからそんなことができるんです)。

しかも、台湾人気質に合わせて、残り何秒で赤に変わるかの表示もされています。

時間が経過し、それが残り何秒か(横断歩道の長さによって異なります)に達したときに、信号機の中で今まで歩いていた人(の絵)は、エヴァンゲリオンのように走り出しました…(個人の感想ですヨ)。

もうすぐ赤になるから走るって、正解?
実状はそうかもしれませんが、交通法規からすれば不正解な気がするのですが…。


ところで、台湾ではどうやら車が優先されているようです。
本当の交通規則上でどうなのかは知りませんが、実際にはそうです。

青信号だからといって安易な気持ちで横断歩道を渡っていると、左折車や右折車が歩行者に向かって走ってきます。
そして原付ともなると、歩行者の30cm横をすり抜けて行きます。
だから常に警戒し、逃げる準備を怠らないようにしなければいけません。

そう考えると、結局は横断中に走るのは正解ですね…。


日本は(視野を世界に広げると)安全。
PR
   人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Copyright © -JNPA- All Rights Reserved

忍者ブログ [PR]