ようこそ♪ 忍者ブログ
北摂の天気
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
[87]  [86]  [85]  [84]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
大阪吹田の千里丘陵に広がる万博公園の広大な敷地の中には、実は博物館があります。
昔は図書館や美術館もあったのですが、美術館は中之島へ移転済み、図書館は大阪府立中央図書館へ移転中です。
確かに、吹田市民だったわたしですら、国立国際美術館も国際児童文学館もそれぞれ一度ずつしか行った記億がないので、移転も致し方ないのかもしれませんが、残念ではあります。

ところで前述した博物館というのが、さきほど亡くなられた民族学者の梅棹忠夫さんが尽力されて設立された「国立民族学博物館(みんぱく)」なのですが、ここは世界中の民族のさまざまな文化を一同に見ることができたり、膨大なデータベースを閲覧することができたり、と、学術的に大変すばらしい施設です。

閑話休題、この日は近くに用事があったので万博公園へ来たのですが、諸般の事情によりみんぱくの方へ向かいました。

拍手


というと大袈裟すぎるのですが、目的は食事です。

この日は万博公園の近くにある和菓子屋さんへ来ていたのですが、丁度昼食時だったので色々考え巡らせたところ、みんぱく内にレストランがあったことを思い出し、それで万博公園に来たという次第です。

今回、実はは万博公園へ来たかったのではなく、レストランみんぱくに来たかったのです

万博公園自然文化円中央口からまっすぐ北上し、日本庭園前のゲートへ向かいます。
民族学博物館へ行くには、一度ここから自然文化園を出ます。
再入場ができるので、入場券を捨ててはいけません。
自然文化園を抜けたら、民族学博物館へ向かいます。

子供がもっと大きかったら、民族学博物館内へ入ってもいいのですが。

ちなみに、公園東口からだと自然文化園へ入る必要は無いのですが、ここまで来て自然文化園で遊ばない選択肢はないので、この日は中央口から入っています。

なにはともあれ、レストランへ入ります。

先ずはレジで注文をして、支払いを済ませてから席へ通されます。

待つこと暫し…。

P1030352.JPG P1030355.JPG P1030353.JPG
注文は
①ガーナの家庭料理「エンモミフロー」
②「ナシゴレン」
③「お子様ランチ」
です。

メニューは変わっていて、「みんぱく」に来た感がありますが、コストパフォーマンスは良くなく、テーマパークの食事と同様に感じます。

わたしはエンモミフローを食べたのですが、クスクスにあっさりとしたシチューがかかっていて美味しかったです。
クスクスを久しぶりに食したのがうれしかったです。

他の料理も、ちょっと変わったメニューでした。
たまに来るぶんにはありでは?


レストランみんぱく
郵便番号
 
住所
吹田市千里万博公園10-1 国立民族学博物館 1階
電話番号
06-6876-1293

より大きな地図で BLOG「関西かくれんぼ」の地図 を表示
PR
   人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Copyright © -JNPA- All Rights Reserved

忍者ブログ [PR]